2017/05/22

【不定期連載】なぽにゃん楽器小話【マウスピースメーカー編】

ご無沙汰していますね。なぽにゃんです。

ちょいととある有名な方のトランペットマウスピース記事に触発されて、自分も書いてみようかと。
向こうと違ってしっかりしたこと書けないけどね。

第一回はついったぁでアンケート取った結果、メーカーのお話ということになりました。
自分が吹いたことあるメーカーを思い出しながらつらつらと主観で語っていこうと思いますね。主観で。…主観ですからね。とっても大事なことなので3回言いましたよ。
自分がメインで使ってたマウスピースや印象の深いマウスピースは長く書いてるけど、そうじゃなものは察してください。
あと画像はいろいろ引用がアレやソレなので用意してません。ごめんね。

1.ヤマハ
言わずと知れた国内最大手。
しかし周り見渡してみると、上位モデル標準の14B4、エリック宮城シグネチャーモデルのEMシリーズを除くと案外ユーザーがいない。
標準ラインナップは安く手に入る、どこでも買えるのがポイント高い。至って普通なUカップマウスピースが殆どで、音も普通。
14B4がYTR-800を買ったときついてきたが、さっぱり合わなかった。

2.Bach
Vincent Bach。説明不要。ラッパの代名詞。というわけにもいかないので。
Bachが良い悪いとかではなく、これと比べてどうか、という判断をされることが殆どなのでは。
店で在庫してるかはともかく実は変なラインナップもある。まず見かけないが。
いろんなところで推されるが、現代において他にも沢山選択肢がある中、そこまで絶対唯一の選択肢かと問われると疑問が残る。
特にBach 1-1/2C原理主義みたいな考え方があるようなのだけど、こんな内径の大きいマウスピースを誰でも使えるか、って問われると甚だ疑問。
口周りの体の作りは千差万別なので、誰彼構わずBach 1-1/2Cを吹け、というのはやめてほしい。プレーヤーを潰しかねないので。
余談だが、ヴィンテージBachを使うならヴィンテージマウスピースも探すべし。

3.Schilke
みんなの憧れ高級楽器メーカー、だがマウスピースは普通なお値段。
割と優等生な印象。綺麗に鳴ってくれる。
ヤマハやBachとはリムの設計が異なるように感じるので、ヤマハBachが合わないなら一度試してみるとよいのでは。
ただし置いてる店は実はそこまで多くない気がする。
ちなみに、ヤマハはかつてSchilkeをベースに楽器を作っていた時期があり、そのときの名残か、ヤマハのマウスピースの型番の付け方はSchilke方式準拠である。

4.Stork
一時期は比較的有名だった気がするが、今はそこまででもない。
そつなく何でも使えて、よく鳴ってくれる。
吹奏楽でもオケでも使えるのでおすすめしたいのだが、最近は手に入りにくいのがネック。
高校の頃3Bを買って金メッキにして使っていた。今でも時々下吹き特化しなければならないときは使うことがある。

5.Stomvi
スペインのメーカー。最近進化が著しい。
はっきり華やかに鳴る。お値段もそこまで高くはない。
もっと普及していいのでは、と思うメーカーの一つ。
リム、カップ、ボディの組み替えが可能なモデルが存在する。が、そんなに組み替えるもんなんですかね…

6.JK
JKのマウスピース!JKのマウスピースですよ!?ロマン溢れるよね!?
というのはさておき、ドイツのマウスピースメーカー。
あんまし触る機会は多くなくてちょっと印象が薄め。
汎用性の高いメーカー。これも割とどうとでも使える。くらいの認識。

7.NY Classic
かつて存在したGiardinelliの復刻モデル、なのだが、ヴィンテージGiardinelliには及ばない、と評されることが多い。
Giardinelliは評価が高いのだが、その評価と比較すると、確かにあまり鳴らない印象。音もなんとなく軽薄。
ラインナップは幅広く、Uカップ・Vカップそれぞれ浅いものから深いものまで各リムのサイズでラインナップがあるので、選択肢の広さは魅力か。

8.Monette
超高級マウスピース筆頭。
他社とそもそも設計思想がまるで異なる。具体的には全長が短く、スロート(ドリルとも、カップの中の穴)が太いものが多い。
吹き込み量の多い人には向く。パワー型プレーヤーに。
音色も独特で分厚いように思える。
ラインナップは多いには多いのだが、国内でまとまった数の種類を試せることはほぼない。あと型番の付け方がまだよくわからない。
既存の普通のマウスピースとは考え方が全く異なるので合う合わないははっきりしそう。お財布に余裕があれば検討の余地あり。

9.ベストブラス
国産メーカー。高級な部類(2万弱)。トランペット用の見た目がチャラいが、吹いてみると至って普通。
ただし、軽い楽器とは相性が悪いことが多いように感じる。6310Zあたりにつけてぶっ放すと楽器が悲鳴を上げるかも。
ここも独自の理論で作っており、現行主要モデルのGrooveシリーズの特徴としてはやや太めのスロート、スロート内側の波打ち(Groove)加工、Vカップ寄りのカップ、カップ設計に応じたモデルごと個別の全長。
特にVカップは現代においては少数派なので、合わない人は合わない。
リムは口当たりがよく、疲れにくい印象。
吹いてみれば器用だし、パワーもしっかり出る、音色的にもよく飛ぶし目立つので優秀。試す価値はある。
最近出た改はリムに特殊な加工を施したもので、好き嫌いがものすごく分かれそう。人によってはさっぱり使い物にならない可能性がある。
個人的に気に入ってるメーカーの一つ。最近までメインマウスピースはここの7Cだった。
特注対応もしてくれるので、欲しい仕様が明確に決まっているならオーダーも手。

10.アイルリッヒ
国産ハンドメイドメーカー。
クラシック向きか。はっきりとしたクリアな音が出る。
既製品モデルもあるが、フルオーダーにも対応してくれるらしい。

11.Jun's Renaissance Brassworks
国産ハンドメイドメーカー。
価格下限が2万強、上は4万オーバーと超高級なものも。
完全なクラシック特化。ものすごく明確なイントネーションと恐ろしいほどクリアなサウンドが特徴。
内径が大きい(ピッコロ用を除けばBach 3か2以上の内径)ラインナップしかなく、息の消費量が上位モデルになるにしたがってえげつないことになることから、上級者向け。
クラシック系奏者なら一度試す価値はある。
逆にポップス系には、音色があまりにも上品すぎるので不向きか。

12.GR
一部では有名。明るく、輪郭の明確な、極めて現代的サウンドが特徴。
Wayne Bergeronが使用中。エリック宮城も最近使い始めたようで、シグネチャーモデルが出るらしい。
クラシック系でもプロ奏者で使う人はいるようだし、どんなジャンルでもいけるとは思うが、個人的にはポップス系のイメージがある。
浅めのカップでリード系の吹きやすい楽器につけるとギャンギャンいって楽しいと思うので、そういう楽しみ方をしたい人は一度どうぞ。
型番の付け方が独自で、7系=64として、内径は数値の大きさに比例する。

13.Bob Reeves
アメリカのマウスピースメーカー。最近トロンボーン用も作り始めた。
どちらかというとポップス系に利用者は多い。気がする。
明るく、よく抜ける割と派手めなサウンド。
しかし別にポップスでしか使えないということはなく、モデル次第では幅広く扱える。
口当たりのよいリム、カップやバックボアの選択肢の幅広さが特徴だが、店頭で吹けるモデルはある程度限定される。
スリーブシステムという独自の機能を持つモデルがあり、シャンク外側部分をスリーブとして交換することで、マウスピースの楽器への刺さりの深さを変えることができる。
このスリーブシステムを採用したモデルの場合、スリーブの交換により同一のマウスピースを様々な楽器で使い回しやすくなる。
また、スリーブの交換でより自分に合うセットアップを突き詰めることが可能。
こちらも個人的にお気に入りのメーカー。現在主力はここのMS41S。
読者諸氏におかれましては、一度試して欲しいメーカーの一つ。高い(主力モデル2.5万)が、それだけの価値はある。
こちらも型番は独自で、7系=41、内径は数値の大きさに比例。

14.Purviance
13のBob Reevesと分けるか迷ったけど一応分ける。
かつて存在したメーカーだが、その設計を引き継いで現在はBob Reevesが作っている。
13のBob Reevesとはキャラクターが異なり、ポップスのリード系特化という印象を受ける。
ヴィンテージのPurviance比較で劣るとかの話はあまり耳にしない。
Purvianceの弟子がBob Reevesなので、うまく引き継いでいるのかもしれない。
型番の付け方が独特でこいつは分からない。

15.Irving R Bush
昔有名だったらしいが、しばらく入ってこなくなり、最近になって再び流通がされるようになった。とは某楽器店の某Y氏談。
不思議と組み合わせる楽器を選ばないモデルであり、どんなジャンルにも違和感なく対応できる汎用型。おそらく汎用性では随一か。
ただしサイズラインナップにやや癖があり、Bach7相当のサイズがない。メーカー公称上7相当なものが5相当。
サイズ的に適合するならば、クラシックからポップスまで幅広く扱う吹奏楽系プレーヤーなら一度試して欲しい。
型番の付け方が一般メーカーと逆で、アルファベットがリム内径、数字が深さという付け方(W-2など)なもんでわかりにくい。

16.Frate Precision
最近出てきたイタリアのメーカー。お高い。
サウンドの性格としては先述のJun'sに近いが、Jun'sよりはポップスも対応できるし、サイズラインナップは内径の小さいものもある。
吹き込む息の量が多いクラシック寄りのプレーヤーに。
取扱店が相当限定されるのがネックか?
調べたらすごくラインナップは幅広いらしい。内径、深さ、リム形状、スロート太さ、バックボアの組み合わせがいっぱいある。

17.S.E.Shires
楽器の評価が高いラッパボーン専業メーカーだが、マウスピースもある。
およそBachの上位互換だがクラシック寄りの印象。
1.25C、1.5C、3C、5C、7Cのみのラインナップ。
リム内側のエッジが他メーカーより鋭いかもしれない。その分イントネーションははっきりするが、人によっては疲れやすく感じるかも。個人的にはすごく疲れる。
でも音はいい。

メーカー並べて主観で頭悪く語るだけでこんなに長くなったよ。どうしてくれるんだ。

次回!マウスピースの選び方!時期未定!

2016/07/24

Xperia Companionでftf作成は可能なのか実験する

ドーモ、読者=サン。なぽにゃんです。

というわけで今回は表題の通りXperia Companionでftf作成は可能なのかというお話。
ちょっと前からPC Companionが使用不能になり(起動しようとすると更新を確認しにいくが、エラーを起こして起動しない)、その替わりXperia Companionを使わなければいけなくなってしまった。
以前まではPC CompanionでDLしたROMのファイルを抽出して、それをFlashToolで解析、そこからftfファイルを作成する、という手順だったが、Xperia Companionでも同じように行うことができるのか、というのが今回の趣旨。

結論からいうと可能です。手順もほぼ一緒。
ただし注意点があって、
OSアップデートの手順を踏む場合には昔と変わらないけど、最新バージョンからのソフトウェア修復を行う場合には心臓に悪い、かもしれない。

2016/02/06

ホローテック2 BBの交換やらカセットスプロケットの交換やらドライブトレインの掃除やらケーブル交換やら。

だいぶ久方ぶりの更新となってしまった…
お久しぶりです。

先日うちのAnthem X号のフレームが破断してしまったので、パーツ載せ替えを敢行したわけだが、その際にBBやらスプロケットやらいろんな箇所のパーツが限界を迎えていたことも発覚したので、この際全部交換することにした。

で。

今日はBBとスプロケットを交換したり、そのついでにドライブトレイン全分解して掃除したのでそれを適当にまとめておく。

2014/06/02

自転車のブレーキケーブルを交換する

Relationsのレコーディングの次は自転車の記事とか節操ないなぽさんですこんばんは。
楽器プレーヤー兼自転車乗り兼PC廃人兼デジモノヲタだししゃーないね。 

本来なら画像付き記事で解説するんだけども、写真撮ってなかったのでテキストで失礼。

 用意するもの:
ブレーキインナーケーブル
ブレーキアウターケーブル
6角レンチ
ケーブルカッター
(あるといいもの)
スプレーオイル
グリス
針 

1:古いケーブルを外す
ブレーキのケーブル固定ボルトを6角レンチで緩めてケーブルを外し、ブレーキレバーにセットされているケーブルのタイコも外す。 外しにくい場合には適当な場所からケーブルを切って外しても可。
ただし次の手順用にアウターは切らない方がベター。 

2:アウターケーブルの長さを決めて切る。
古いブレーキアウターを新しいアウターと並べて、同じ長さに切る。切り口が潰れてしまうので針の類で広げておく。
この段階で中にスプレーオイルを少量吹いておくとよし。

3:ケーブル群を取り付ける。
インナーケーブルのタイコをブレーキレバーにセットして、さらにアウターに通してブレーキ本体まで引き回す。 アウターに通す前にインナーにグリスを薄く塗っておくとよい。
アウターケーブル付属のエンドキャップのつけ忘れに注意!! 

4:ケーブルの調整・固定
アジャスター類をあらかじめ締めることも緩めることもできる位置にしておき、ブレーキインナーをブレーキ本体に仮止めして、レバーの引きしろやパッド位置の調整を行う。 調整が済んだら、ブレーキ本体のケーブル固定ボルトを締め、ケーブルのあまりを切断。
切ったあとの先端には付属のエンドキャップを取り付けておく。エンドキャップの固定はケーブルカッターでキャップが切れない程度に軽く押さえるように。 

慣れてなくても30分あれば自力で交換できるので、工具類を揃えて一度やってみるといいと思います。ケーブルカッター類とか大して高くないし。
ケーブル交換は自力でやれればショップに頼む工賃も浮くしね!!
あと、ブレーキアウターについて、可能ならメートル買いできるところで買うと無駄が出にくいよ。インナーアウターのセットで買うと、セットのアウターの長さが変な感じに切ってあってフレームと合わない事態が発生することがあるので。



 

2014/04/02

Relations演奏してみた編集後記(という名の弁明他)



およそ1年ぶりの更新ですね。ご無沙汰してます。なぽさんです。

何を思ったか本業のラッパだけじゃなくてサックスまで持ち出してRelationsを録音してみた。
というのも、

最近傷心でRelations聞いてた

美希の声ってサックスで吹いたらいい感じだよなー

んじゃ千早は差別化でラッパにするかー

実家にどっちもあるじゃん。マイクもあるじゃん

録るか!!

という最早勢いだけのノリで製作に突入したわけである。
こう、美希の声って勢いあるじゃん?サックスの上の方の音でバリバリ吹きたいじゃん?
千早は割と丁寧な感じだからラッパでやれそうじゃん?
という発想のもと、美希:テナーサックス 千早:ラッパ、という割り振りにしました。
二人でユニゾンで歌ってるところはサックスメロディのラッパハモりにしてるよ。
ラッパメロディでハモらせたいところはサックスハモりじゃなくて別途ラッパでハモらせてます。
ラッパへのハモり用にStork 3Bマウスピース用意しました。今回メロディに使ってるBestBrass 7Cだとちっと音派手だからね。ハモり用には向かん。

ここで弁明をしておくと、今回の収録で使った楽器群、正直実用に耐えないシロモノである。
テナーのYTS-31は年代物も甚だしく、キーのリンク部分のコルクやらフェルトやらほぼ全喪失、ネックの嵌まりもやたら緩くていくらネジを締めても回る、タンポも楽器製造当初のまま、という有様。
ラッパのCarolBrass ZORROも普段使ってるKING 2065SGXやらヤマハYTR-800に比べれば音程がぐちゃぐちゃなのでコントロールどころの騒ぎでもなかったり。
…要は自分のヘタクソの言い訳である。正直すまんかった。

普段東京にいるときは自宅にあるFastTrack C400を使用して(去年の記事参照)、コンデンサーマイクの類使ってるのだけど、実家で思いつきでやったので、実家に転がってたSONYのECM-MS907をPCのマイク端子にそのまま繋いで使用した。割と優秀ね。
今回細切れで繋いでる(一発録りじゃないの、ごめんね!)んだが、他には音は音量ちょっといじってリバーブかけたくらいしか編集は入れてないっす。
編集スケジュールとしては、
一日目:ちょっと音拾って簡単に譜面を起こして練習
二日目:収録
三日目:編集(タイミング合わせ(実家))
四日目:編集(バランス調整(自宅))
五日目:動画作成
ってところかね。

前回のボーカルミックスと違って今回は全部自分の出音だから編集は楽だった。前回は特性が真逆な音をどうやって同じように聞かせるかで頭捻ってそれを超特急で仕上げたからもうね…
全部俺って楽ね←編集も納期も←←

というわけで編集後記になってない編集後記でした。
ゆるゆるまた次もなんか作れたらなぁ、と思ってるよ!


2013/04/09

USBオーディオインターフェースを導入してみた

例によって最近放置しまくりだよね。
ごめんね…許してなんて、言えないよね…

というわけでこんばんは。俺氏です。
最近バルスオケを聞きに行ったりワル響を聞きに行ったりしてる。

さて、しばらく前の話になるが、USBオーディオインターフェースを導入した。
導入の経緯は
1:友人に録音の仕事頼まれたけど、機材の借用の目処が立たなかった
2:メインのデスクトップPCのサウンドカードを買い換えたかった
3:自宅でベース弾きたかった
という3つの用件が重なったため。

導入したのはM-Audio Fast Track C400。
いつもなら製品リンク貼るんだけど、どっこいもうディスコンなんだよね。
まぁ、ScarlettとかAudioBoxとか似たような価格帯(15k~20k円)の競合製品買うときの参考にしていただければ。

2012/12/05

nexus 7を てにいれたぞ!!

また例によって久々の更新。

ひょんなことから格安でnexus 7を手に入れることに成功した。
ある日のやりとり

友人「上司がnexus 7いらなくなったらしいんだけど」
俺  「まじで欲しい」
友人「値段聞いたら1万だって」
俺  「即買いだわ」